>みんなの声>ブルーベリーは実がなる植物【美味しくなるまでの育て方】

ブルーベリーは実がなる植物【美味しくなるまでの育て方】

ブルーベリー

ブルーベリーのような植物は、実がなるまでが楽しみです。しかし、ちゃんと育て方を知らないと、実がなる前に枯れてしまうこともあり得ます。水やりをちゃんとするのがポイントだといわれています。

みんなの声

ブルーベリー専用の肥料を使いました

見た目も可愛く、食べられる実をつける植物が育てたかったので、園芸店で相談してみるとブルーベリーを勧められました。初めてでも育てやすいとのことで、早速苗を買って育ててみました。土づくりが大切だと聞いたので、ブルーベリー用の肥料を買い、日当たりの良い場所に置きました。インターネットで育て方を調べると、夏は1日2回、冬は1日1回の水やりが必要だとあったので、その通りに行いました。育ててみると特に難しいこともなく、順調に育ってくれました。1年目では実がなりませんでしたが、2年目からはきちんと収穫できるようになり、甘酸っぱい実を食べることができました。自分で手をかけて育てたブルーベリーは、格別においしいです。
(30代|女性)

孫と楽しみながら収穫できました

孫が楽しめるように、庭にブルーベリーを植えました。もともとガーデニングが好きで、色々育てていましたが、ブルーベリーを育てるのは初めてだったので、お店で育て方を詳しく聞き、参考にしました。育て始めて気づいたのは、ブルーベリーにも色々な種類があることです。数種類を一緒に育てたほうが良いと聞いたので、ラビットアイ系のクライマックスと、ノーザンハイブッシュ系のジャジーを育てました。大きく育って来ると、孫も喜び、実がつくのを楽しみにし始めました。6月から9月の間は、一緒に楽しみながら収穫できました。想像していたより、たくさん収穫でき驚きました。そのまま食べても美味しく、余ったものはジャムにするなど、色んな食べ方ができるのも良かったです。
(60代|男性)